ながいセンセの机の上

中学校理科の最前線ポータル、元ワンオペ3児のママ先生・ながいセンセのブログ

テスト中。生徒もつらいが、先生も結構…なんです。

保育園の時間に数分間に合わず、一回につき1万円請求されることが続いてます。

時間管理能力のなさでもありますし、保育園に迷惑なのは重々承知なのですが、それにしたってこの仕事は何なのだろう。

 

世の先生たちは、苦しめようと思ってテストを作るのではありません。

授業や問題集から作ってるのが、その現れ。

解けなくて苦しい展開なら、入試過去問から持ってくれば、楽でいいしね。

でもそんなことしない。

その分野の生徒理解を確認したいんだよね。

私自身の授業を見直すきっかけでもあります。

 

テストで序列がつくと、確かに不都合も感じることでしょう。

でも多くの先生は、順位を見て、授業内でのサポート体制を改善するんです。

聞いてないことがないよう、声かけるとか。

 

順位が低いから、意見が取り上げられなくなるとか、人格が否定されるとか、そういうことにはならない。

 

もし仮に意見が取り上げられないとしたら。その意見自体が変、無茶ではないか。言い方は適切か。そんなところも、見直してみてほしい。

人格が否定されるとか、人権侵害だから!もともとそんなことないはず!!

その辺の「不都合」は、順位とはリンクしない。

 

成績できる子の言うことしか、先生は聞いてくれない。

そういう訴えがあるので、書いてみました。

 

ともあれ、テスト頑張れ!

私も頑張ります。泣きそう。