ながいセンセの机の上

中学校理科の最前線ポータル、ほぼワンオペ3児のママ先生・ながいセンセのブログ

またお休みしてます。マミートラックを感じつつあるよ。

中3のみんな、受験生なのに済まない。

でも今日はセーフにさせて。

 

生徒指導で残らされるのは生徒だけじゃないからね。

このまま、元気に、問題を起こさず、頑張るんだよ。

 

年度当初にしっかり仕事した(降ってきた)おかげで、そして周囲の皆さんが人徳者なので。心配されるだけでなく、「何やってるの!早く帰ってあげなさい!!」と怒られながらw日々過ごしてます。

昨日は日番だったので、そこを外してのお熱は助かったような助かったような。

 

ただ、フル授業→早退を繰り返してると、全体のことは全く見えません。

いや、明日は歓送迎会離任式とか、そういう行事がわかんないよってことじゃなくて。(いや、わかんないけど。)

 

生徒の動きとか。個性というか。友達関係とか。「空気感」としか表現できないあの感じ。何だろうな。クラス色、学年色?

多分ママたちは、お子さんのクラスしかわからないので、感じることは稀だと思います。ご兄弟がいたとしても、そこはママたちは意識して割り切ってることが多いので、この話伝わらないかもしれない。

でも、多分。

先生あるあるなんです。

ビリビリするほどの、空気の違い。

昨日日番で見回り当番だった時にも分かったので、この空気感が「生徒がいなくても、教室に残っている」ということも分かりました。

もしくは掲示物かな。名前の表示かな。

 

これが分からないのは、生徒を知りたいという意味では、結構致命的。

ただでさえ週イチTTなのに…。

逆もしかりで、3年全然知らないし…!

 

教師のマミートラックは、これだな。

生徒理解に関わる情報収集がゼロ。

もちろん私の場合は、はじめての理科指導だったり、支援校込み5年弱勤務で10年研に突入したり、小学校の勉強したり、の時間が取れないあたりも関わってきますが。

 

空気感。

きっと、私にもそれがあって。

支援校時代には「何か考えや信念がある」言われたことがある。倦厭されたのではなかろうか(そんなものないのにな)。

 

でも、主任が「この学年の先生方はタレントの集まり」と評してくれたように。

私のような空気感の人がいてもいい。はず。

 

社会にたくさんの人がいる中で、私のような人がいて、たまたま先生業をやっている。

それでもいいじゃない!

 

私が担任を持ったとして…どんなクラスを作るかな。

確かに、ながい王国になるかもな。

夢は膨らみます。そして夢はいつか叶えるもの!

頑張ろう。