ながいセンセの机の上

中学校理科の最前線ポータル、元ワンオペ3児のママ先生・ながいセンセのブログ

いよいよ明日か…!新年度=新生活×4

細々したことで忙しくしています。

そんな中、下の子が熱でダウン…

人と会う関係の約束は、水曜日以降全キャンセルになりました。

良かったのか悪かったのか。

そこで見えたものがあったから、良しとしよう。

感付いていたことを、残念な方向で、確認しただけだもの。新たに問題がわかったわけではないし「やっぱり味方はいなかった」それだけだもの。

頑張ろうと思います。

 

熱を出すと無条件に抱っこ…なのは、実は下の子が初めて。

上の二人は、お布団で爆睡するか、どんな熱も関係なく遊ぶかだった。

抱っこだと余計に心配は募りますが、この熱も乗り越えて強くなるよう、祈るのみ。

もう何時間も、やっと寝られるような規則的な寝息と、熱でポカポカする小さな重みを抱えてます。動くと起きちゃうな、かわいそうだな。でも、洗濯物干したいんだよな。

んー。

おんぶにしたら起きて、やいやい〜と悲しく弱い声で非難してきました。しょうがないよ、洗濯物。

食器の洗い物やら部屋の片付けやら、やりたいことはいっぱいあるのですが、代わりにやってくれる人も、せめて抱っこを代わってくれる人も、いません。

なんなら、文句言わない人もいません。

悪気もないし気もつかない。

スルースキル優れ過ぎです。

 

上の二人が暇すぎる春休み、あと24時間。

悲しいけど、母としては、これは私の普段通りなので、特に何も感じません。

他人には、この大変さを心配してもらえるけど。近い関係になると、完全スルーされるの。難なく越えられるように見えるのか、大変さに巻き込まれたくないのか。

 

ただ、子どもの立場。

両方結構楽しみにしてたんだ。

 

大変だね。キャンセル。

そりゃそうですけど。

上の子二人、予定通りご飯食べる数時間預ろうか?とか言えないもんかね!?

 

…そうそう。察してちゃんは良くないね。

でも、そういうことは、病気な方からは言えません。

そして、そう甘えたことを言えない関係性を作ってきた私の責任も一端にはある。

 

こんなダラダラな記事が育休最後ってのも、何だか残念ですが。私の人生的には、テンプレ通りでアリだと思います。

 

私は、私自身がやらないと開けない生活を送ってきた。小さい頃から、学校に行っても、仕事をしても、結婚しても、子供が生まれても、何も変わることなく、誰もやってくれず、手伝ってもくれず、自分がやるしかなかった。やれないならお金を出すしかなかった。

だから自活できる仕事について、賄い切れる人生設計をしてきた。

その自負と絶望は、誰からも口出されたくない。

人生はこれからも続く。それだけのこと。

 

淡々と、でも頑張るよー