読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながいセンセの机の上

中学校理科の最前線ポータル、ほぼワンオペ3児のママ先生・ながいセンセのブログ

「タラレバ」だけど、自分を否定しないためにも感謝しかないんだよ。

今週のお題「私のタラレバ」

 

昨日今日と女子旅でした。優雅なひと時。宿が取れないから、仕方ないから一泊二万超えで、なんて。

人生における最豪華カード切っちゃったな。ただでさえ、年一のお寛ぎカード切ったのにな。(←そういう経済状況&価値観です)

有難い限りです。

 

旅の相棒は、よくやりました。本人が意図してるかも覚えてるかも分かりませんが。

 

タラレバいいたいのは、現状に不満があるとき。人のことがよく見え羨ましいとき。

 

この旅で気付いたことがあって。

マナーの悪い人っていません?

自分の指定席じゃないけど、車椅子用の席(当時空席)の周囲でスペースに余裕のある場所に、荷物をひたすら押し込む海外の方。

決まってる自分の席を少しずつずらして、私の荷物にぶつかって嫌な顔をする方。最初の位置から変えてないよ。

授乳室で走り回る幼稚園児。(推測)←区域を分けるカーテンをめくるので「恥ずかしいからめくらないでほしいな」と言うと、別の場所から「やめてって言われたでしょ」と母の声。もう1組は…声すらしない。子どもだけでトイレに行って帰ってきたらしい

オムツ替え室でパンを頬張り寝転んでゲーム中の小学生。(推測)←その横で本当にオムツ替えすると、嫌悪感しかない眼差しで見られる

うわ、具体的だね。

 

今まで。

嫌だなぁ。ああはならないようにしよう。えーそんな声かけなの。ルールは守ろう。近くの人、家族、教えてあげないの?将来的に大変になるのは子どもだよ。等々、反面教師的に見ていたのです。

 

誰か教えてあげたらいいのに。

誰か問題にすればいいのに。

私のタラレバは、わりと「誰か」で始まるなー

そして、自分を外してるぞー

 

よーく考えると。

私、そんなにできた人か?

そして、私、そんなに人に興味があったか?←先生のくせに、無条件で子どもが好きなわけではない

 

つまり、(やりたくないから)出来もしない、(興味ないから)好きでもないことをあーだこーだと考えてたわけだ。

それって無駄じゃないかな。

 

考えるのやめました。

そしたら。見えることもあったのです。

 

ここで会ったのも何かの縁だね。ここに来るまで大変だったね。

マナーがそうなったのも、何かのバランスや何かの配慮の賜物なんでしょう。それをたまたま近くにいる私が口出すのも悪いし、その一瞬でモチベーション崩れ去られても困るし。一回で変わるわけでも当然ないでしょうし。言うべき人は私じゃないし。

 

そう、いわゆる、生温かく見守るというヤツ!

無関心じゃなく、生温かく!!

とりあえずそこからだ。

ああ、お人好しになるまでには、まだ果てしない修練が必要です…

 

とはいえ、今日も、居合わせた方に「頑張ってるけど子どもがうるさい、出なさい」旨のご注意を受けた身としては、私だけ言われるの?的な微妙な気持ちにはなる。

でも多分。

私には言いやすいんだろう。

私なら、見ず知らずの人に言われても、直すんじゃないかと期待されてるんだろう。

そして、空気が読めない残念ポイントを直してもらえるチャンスなんだろう。

期待されてる成長株。

そう思ってないとやってられない!w

ともかく。

有難うございます。

まだあんまり一致してないかもだけど…いつか、心から全てのことに感謝して言えるようになりたい。

 

私はわりと、やりたいことには諦めが悪い→やっちゃうタイプなので、自分のやりたいことにタラレバはあんまりありません。子どもがいるから制限されることもあるけど、それを上回る幸せを貰ってるので、ま、いいや。

このテーマが意図してる記事になってるかはわかりませんが、こんな感じが私です。