ながいセンセの机の上

中学校理科の最前線ポータル、元ワンオペ3児のママ先生・ながいセンセのブログ

保育士さんありがとう。

私も保育園に子を預けてる親です。

 

教育界に身を置く人間として、その初期が大事であり大変なことは、よーーーーーく知ってます。(多分)

身内が幼稚園の先生だったから、業務が大変なことも知ってます。

今はまだ、「女の園」の大変さもあるんじゃないですかね。(妄想)

 

大変でやりがいのあるその仕事を志す先生方に、すごいなぁと思ってます。

たまに、こっちの勝手な言い分で、もう!って思ったり、お金の問題で頭が痛かったり、時間の問題で延長保育やめたりするけれど、

丁寧で女子力高いやりとり(うちの保育園だけか?)には、安心感のみです。

 

働くお母さん、まだ現在の社会では、罪悪感や心残りを感じながら、子を預けてるところがあるような気がする。(自分がそうだから)

それは、同僚とか親戚とか直接ガツンと誰かに言われることもあれば、回り回って聞くこともあれば、言いたい人の強い目線のみで恐縮することもあれば…(自分がそう)

言われることがなくても、空気感もあるし、少し前CMでも話題になった社会的ロールモデルの話でもあるし…

ウツウツドヨーン

でも、それを切り替えさせてくれるのが、子どもの表情と保育園とのやりとりなんですよね😊

(自分が…以下略)

 

全力で子どもたちを守ってくださった保育士さん。私には、車が飛び込んできた1秒にも満たない時間に、字通り目の前が真っ暗になる絶望と恐怖を感じられたであろうお気持ちを、想像することは多分できないと思います。きっと、トリアージのタグのついた虚無感を、子どもらを守るために何かできたんじゃないかって襲い続ける後悔を、理解することはできないと思います。

でも、みんなが、保育士さんは出来ることを全てしてくださったと知ってます。

だからお心を休めてください。そして出来たら教えてください。

子どもたちの笑顔を、好きだったことを。

事故のことを。

 

車は凶器。

運動エネルギーは速度の二乗に比例する。

力のモーメントで、合力は対角線。

運動エネルギーを減らす摩擦力。

いずれも中3でやったのを思い出します。

 

関係者の皆さんは、怪我の程度によらず、心にダメージを受けていることでしょう…

どうか、皆さんのお望みの過ごし方になりますように。

今までのようには過ごせない、というのも、ありだと思います。

 

RIP

シンデレラフィット!

達成の箱と、多分もう一つ達成の箱と、臭素管の箱。

コレを発見したのは素晴らしかった。

連休中の夕方、ありがたい時間がありました。

 

もっと時間が欲しい、けど、無理。

そんなせめぎ合いしか、ここのところしていなくて、とにかく息が苦しい。

体調にも出て声が出ないし、頭もスッキリしない。

 

パズルのピースをはめるような、かっちり組み上がるのが心地よい。

時間的にも、関係性的にも。

ただ、自分が1つのピースだったとして、本体はどこ?仲間はどこ??探し出すのはかなり難しい。

だから、今いる場所で、なんとか、しっくりくる居場所を見つけたい。

そこで。あるものである空間を過不足なく埋める「シンデレラフィット!」が、すごーく心地いい。

 

棚が、ちょっぴり【駒込ピペットの先端が割れない棚】にランクアップした…かもしれない。

 

 

ところで、臭素管って何に使うの?どなたかご教示ください!(切実)

プレR1の佳き日に!

お久しぶりです。

今日まで何とか生き延びられました!

昨年度のことは置いといて、今年度もよろしくお願いします。

 

学校というものは、4月2日からコトが動き出します。

なので、今日は管理職やナントカ主任は大変ですが(今日までも、そして今日からも。お疲れさまです)、

私のような普通の人はゆるりとしています。

異動された方はきっとお疲れのことでしょう、今日だけなんで、ゆっくりしていただきたいものです。

 

うちの学校の異動。

私の知ってる方や顔見知りな方がいらしたので、ちょっと安心。

でも同時に、私を通常だか定型だかに戻す気がないな、と…管理職もしくは教育長の意図が透けて見えました。

あと、私を10年越えの先生と同列に扱ってくれるな!と心底思いました。

複雑。

 

明日からどうなるんでしょうか。

更新できるような状況だと良いのですが。

とりあえず、このブログのサブタイトルを変えなくてはいけないのですが、いいアイディアはまだ降りてきません。

 

まあ、明日待ちですね。

今年もお付き合いいただけたら嬉しいです

今週のお題「2019年の抱負」

通院頑張る。

 

書きたいことを書くので重め長め。

もちろんいつでもスルーどうぞ。

 

以前、こんなことを書いたことがあります。

-----

私は、私自身がやらないと開けない生活を送ってきた。小さい頃から、学校に行っても、仕事をしても、結婚しても、子供が生まれても、何も変わることなく、誰もやってくれず、手伝ってもくれず、自分がやるしかなかった。やれないならお金を出すしかなかった。

だから自活できる仕事について、賄い切れる人生設計をしてきた。

その自負と絶望は、誰からも口出されたくない。

人生はこれからも続く。それだけのこと。

-----

基本的にこのスタンスは変わりません。

そろそろ奨学金関連が終わり、次の理由を考えた時に、ちょうどよく保険屋さんがやってきました。よかった、これであと2年くらいは頑張れるはずです。

そのやりとりの中で、この「自負と絶望」が想像以上に重いことを、私自身改めて気づかされました。

単に、私の中で重いだけ。周りの誰かと比べてるわけじゃありません。

これをカウンセリングが必要な状況と睨んで病院いってみました。

 

で、私と話したことのある方なら感じる「違和感」…多分それ、合ってます。

 

一言でいえば、「定型じゃないかも」。

もしかしたら、医師が名前つけてくれます。

服薬したら劇的に改善されるとか言われてます。

これ以上はまだ…察してください。

-----

「新しい環境におかれ、すごい不適応の末、二次障害が過ぎる」というのが、いろいろ聞いた末の、私現状の私理解。

メタ認知が頑張りすぎてACが引っ張ってくれたんだけど、最近見ないなーと思ってるうちに自爆してたんだよね。いや、ACじゃないんじゃないか、人格?とか考えすぎてもう。

それ以前に、2部屋つぶしたり6000以上の未読メールがたまってたりしちゃ、もうダメだよね。

-----

実は前からあやしいなぁとは思っていて(職業柄知ってた)、指摘されることも多過ぎるから(特に今年、もはや指摘レベルの言い方じゃないことも含めて)、診断がつくとしたらそれはむしろ有難い。

言われたことと微妙に違うところはあって、どうもその違和感無視できないなぁとか思ってはいるけれど。

 

ただ、苦手なんだよね、通院とか服薬とか。

頑張ります。

今年もありがとうございました。

お題「2018年を振り返る」

ブログ更新が止まりました。

すみません。

 

私個人については、ちょっと、いろいろあって…

言葉になるにはもうちょっと整理が必要です。

 

事故と通院がかさみました。

車はボロボロです。

出産以外の入院なんて初めて。

年末にそれっぽい診断が見えてきました。

昨日もロードサービス来てもらった。

 

とりあえず、あと3ヶ月乗り切りたい。

 

皆様は、健康第一、平穏無事に。

良いお年をお迎えください。

学年が始まって1週間、まだスタートしていません。

学年集会、泣きそうになった。

これはこれで、いい学年だよー。

ただ、トラブルの一部も見えました。

つらい内部事情もありそうです。

それぞれにね。

 

自分の立つべき位置が、去年ほど見えません。

 

去年は、主任とベテランの間に立ち、ホープの雑談相手みたいなところ?絶対につぶさないと決めてかかってた。みんなつぶれるような人ではなかったけど。

今年は、もう出来上がってる関係性をどうにかできるものじゃないし、と投げつつあります。

 

それは逆に、その瞬間瞬間に思うところにいればいいということ。

 

今まだ人見知り状態で、何も動けてないし何も話してない。

空気読めず責任感ない感じで、大変申し訳ないけど、でもちょうどいいので、このままいこう。

わかってる過去の情報を、引っ張り出し損ねてアワアワすることもあるけれど、まだごまかせるはず!頑張れ30代!

 

子どもたちは、多分カワイイです。

一言多いところもあり、幼いところもあるけど、真面目で一生懸命なラインです。

バリエーションが豊富なので、少しずついろいろな経験をしてみたい気もしつつ、そんな生徒指導で経験なんてしたくない気もしつつ。

新年度になりました。異動もしました。

実はこの異動は想定の範囲内

学校を移るか、学年を移るか。

大きい方が来ただけの話。

 

ママ先生の知り合いが、復帰と「同時に」異動で大変だった、というのを聞いていたので、所属に戻れたのは(学校の仕組みや同僚はまるっと変わってましたが)有難いことでした。

その一年だけ、甘やかしてもらったと思ってます。

あと、1年のスタッフ(という表現だったので今更真似ます)は、超良かった。

離れ難かった。

学年離れるのさえも嫌だった。絶対言わないけど。(来年は離れてねと言ってくれた方に、とてもご心配をおかけするから。)

 

異動してみると、実は今の方が配慮ある分担が来ている雰囲気です(笑)

総合と教育相談と福祉、会計。うん、私の経歴からしても、納得。できるかは分からないけど。

そして、下からの突き上げが大きすぎるのは同じ(笑)

多分それは私に原因があるのだと実感。年数の割になー

ただ…私がやっていたのは吹奏楽であって、合唱ではありません!そこだけは参った…

 

多分新しい学校に馴染むのは、難しい。

そして、仕事時間がますます取れない。いろいろな両立にますます悩みそう。

でも、何とか、せめて分担されたことくらいは、頑張ります。

何を誰に聞いたらいいかを、4月中頃には見極めたいものです。(そこがつかめると、結構楽に感じる傾向があるので)