ながいセンセの机の上

中学校理科の最前線ポータル、元ワンオペ3児のママ先生・ながいセンセのブログ

*長文*お久しぶりです。なんとかやってますよ。

更新が、不定期とうたっているとしても、とても不定期です。

すみません。

でも、見ていただけたことに感謝。

 

ここからは、この一年数ヶ月を私の言葉で記録しようと思っています。

 

異動した先で、不適応を起こしました。

多分、そんな目立ったトラブルはなかった…と思います。私が勝手にパニックになり、勝手に必死にごまかしたと思うので。

原因は人間関係です。

 

今まで「自分の仕事は全うできる」と自分で勝手に思っていた。やれることをやらせてもらえるのだと思うから。2年目でPTA行事を仕切り、4年目で部長職やらせてもらえてたので、間違ってはないと思う。復帰直後も、色々ご迷惑をおかけしたけど、研修も兼務も、経験年数の割にはやらせてもらえたと思う。

でも、新しい学校に異動して、生徒と会話したら「楽しそうにしている」と咎められたこと。これが私の決定打となった。これが進級式の話。

おいおいそれは、授業前後やら休み時間やらの生徒との接触にも広がっていった。

会話ができない授業なんて。

どうやってコミュニケーションとるの。

だからか、去年と同じ担当学年で、同じことをしようとしているけど、出来ない。(注、生徒が違うので、それはそうかもしれないですよ。)

私、経験年数の割に指導歴が短いので、そういう臨機応変はまだ無理だった。各所から指導力不足を突っ込まれた。年度越しでの打診もあった。

少しずつ、でも確実に、精神的に参っていった。

部活動の主顧問も初めてで、それも厳しかった。

 

物損事故。肺炎で入院。捻挫。車に追突もされた。いろいろあり過ぎ。

それで、去年の年末、ちょっとおかしいと自分でも思ったので、カウンセリングに繋がろうと医療にかかりました。

そこで大人の発達障害の疑いの診断がつきました。抑うつもついてますが、あくまで二次障害との見立て…みたいです。←これは意見書を私なりに読み解いた結果。

 

今8月現在、服薬中です。よく忘れますが。

片付けできない感じです。私は、目が合わない感じや、説明が変な熟語混じる感じのも、強いような気がしています。

管理職には告知済み。二人とも笑ってました。この分だと配慮はないなw

名前がついたって、それで何かが変わるのではありません。

障害名をキーワードにして、自分の取説を作りやすくできるだけのこと。取説を読み解くのも、私を「操作」するのも、あくまで主体は私です。(私の場合)

でもそれだけでも、ちょっと楽になります。

 

昨年度の人間関係は昨年度限り。

着任初日から聞いていた通りでした。ホッ

 

また、今年度から、打診のままに、校内人事で支援学級へ。

もはや、生徒のことを学んでいるのか、自分のことを学んでいるのか、わからない状況です。

でも悪くはないです。学校を思い出します。

教員生活の根幹が学校で作られ、その悪いところを今も引っ張り続けてるのを再認識してます。w

ベテランの先生に、さりげなくカウンセリングされてる感じが半端ないです。いろいろあるけど、やっぱり観察眼鋭くて、経験豊富だってことは肌で感じてます。前評判と違うじゃない!私もだんだん言うようになってきました。大変有り難い。

ただ、やめる詐欺が横行していて、予定変更がダメな私としては6月あたりは辛かった。夏休みをほぼ終わった今、詐欺だと納得したので、秋からは頑張れると思います。

 

理科の先生もしてますよ。

私の所属は「学年副担任特支担当」ですが、別学年で1クラスだけ持たせてもらってます。可哀想に。でも一生懸命やるから、許してもらえる…といいなあ。

その担当学年初めてなので(一回でもやったことがあれば見通せていいのですが)、兼ねるのは辛いです。でも私自身が「理科楽しいなぁ」って実感できる貴重な体験しています。

そして「理科の実験のこと、ノートに書いてくる子もいるよ!」と良心的に対応してくれる担任。大変有り難い。

理科主任も引き受け手がいてくれ、私のことも理科扱いしてくれるので、なんだか嬉しいのです。

 

部活も、去年は私一人、今は外部指導者も含めて三人。部員半減でいろいろあった学年を、今日、引退させたところです。次の代からは前任を知らない…ふふふ。

 

と、つらつら書いてきました、この一年数ヶ月でした。

回復傾向にあることだけでも伝わると嬉しいです。

更新もできるといいですが、それは別件かな。

私自身のキャリアは思わぬところに行ってますが、これについてはまた別の機会に。

【過去ログ】手話ソング、手話歌雑感

2つほど、まとめページを見ました。

日本手話と「音声日本語に対応する手話単語をつける」の差が、今ひとつ分からないけど。(雰囲気だけは、LOVE LOVE LOVEの例で、つかめた…かもしれない)

 

-----

ここまでが過去ログ。

そうはいっても、今年もやるんですよ。

【過去ログ】おこがましいですが、すごいなあって思うので。

これも含んだ朝日新聞デジタルなラインニュースを見たのです。

https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S13815163.html

 

ノイジーマイノリティーに、惑わされない自分になりたい。

現状の願い。

でも、本音では、どうでもいい。…のかもしれない。

今年度、完全に火が消えた。

保育士さんありがとう。

私も保育園に子を預けてる親です。

 

教育界に身を置く人間として、その初期が大事であり大変なことは、よーーーーーく知ってます。(多分)

身内が幼稚園の先生だったから、業務が大変なことも知ってます。

今はまだ、「女の園」の大変さもあるんじゃないですかね。(妄想)

 

大変でやりがいのあるその仕事を志す先生方に、すごいなぁと思ってます。

たまに、こっちの勝手な言い分で、もう!って思ったり、お金の問題で頭が痛かったり、時間の問題で延長保育やめたりするけれど、

丁寧で女子力高いやりとり(うちの保育園だけか?)には、安心感のみです。

 

働くお母さん、まだ現在の社会では、罪悪感や心残りを感じながら、子を預けてるところがあるような気がする。(自分がそうだから)

それは、同僚とか親戚とか直接ガツンと誰かに言われることもあれば、回り回って聞くこともあれば、言いたい人の強い目線のみで恐縮することもあれば…(自分がそう)

言われることがなくても、空気感もあるし、少し前CMでも話題になった社会的ロールモデルの話でもあるし…

ウツウツドヨーン

でも、それを切り替えさせてくれるのが、子どもの表情と保育園とのやりとりなんですよね😊

(自分が…以下略)

 

全力で子どもたちを守ってくださった保育士さん。私には、車が飛び込んできた1秒にも満たない時間に、字通り目の前が真っ暗になる絶望と恐怖を感じられたであろうお気持ちを、想像することは多分できないと思います。きっと、トリアージのタグのついた虚無感を、子どもらを守るために何かできたんじゃないかって襲い続ける後悔を、理解することはできないと思います。

でも、みんなが、保育士さんは出来ることを全てしてくださったと知ってます。

だからお心を休めてください。そして出来たら教えてください。

子どもたちの笑顔を、好きだったことを。

事故のことを。

 

車は凶器。

運動エネルギーは速度の二乗に比例する。

力のモーメントで、合力は対角線。

運動エネルギーを減らす摩擦力。

いずれも中3でやったのを思い出します。

 

関係者の皆さんは、怪我の程度によらず、心にダメージを受けていることでしょう…

どうか、皆さんのお望みの過ごし方になりますように。

今までのようには過ごせない、というのも、ありだと思います。

 

RIP

シンデレラフィット!

達成の箱と、多分もう一つ達成の箱と、臭素管の箱。

コレを発見したのは素晴らしかった。

連休中の夕方、ありがたい時間がありました。

 

もっと時間が欲しい、けど、無理。

そんなせめぎ合いしか、ここのところしていなくて、とにかく息が苦しい。

体調にも出て声が出ないし、頭もスッキリしない。

 

パズルのピースをはめるような、かっちり組み上がるのが心地よい。

時間的にも、関係性的にも。

ただ、自分が1つのピースだったとして、本体はどこ?仲間はどこ??探し出すのはかなり難しい。

だから、今いる場所で、なんとか、しっくりくる居場所を見つけたい。

そこで。あるものである空間を過不足なく埋める「シンデレラフィット!」が、すごーく心地いい。

 

棚が、ちょっぴり【駒込ピペットの先端が割れない棚】にランクアップした…かもしれない。

 

 

ところで、臭素管って何に使うの?どなたかご教示ください!(切実)

プレR1の佳き日に!

お久しぶりです。

今日まで何とか生き延びられました!

昨年度のことは置いといて、今年度もよろしくお願いします。

 

学校というものは、4月2日からコトが動き出します。

なので、今日は管理職やナントカ主任は大変ですが(今日までも、そして今日からも。お疲れさまです)、

私のような普通の人はゆるりとしています。

異動された方はきっとお疲れのことでしょう、今日だけなんで、ゆっくりしていただきたいものです。

 

うちの学校の異動。

私の知ってる方や顔見知りな方がいらしたので、ちょっと安心。

でも同時に、私を通常だか定型だかに戻す気がないな、と…管理職もしくは教育長の意図が透けて見えました。

あと、私を10年越えの先生と同列に扱ってくれるな!と心底思いました。

複雑。

 

明日からどうなるんでしょうか。

更新できるような状況だと良いのですが。

とりあえず、このブログのサブタイトルを変えなくてはいけないのですが、いいアイディアはまだ降りてきません。

 

まあ、明日待ちですね。